このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 自己処理か脱毛、子供のムダ毛処理はどうしたらいいの?

自己処理か脱毛、子供のムダ毛処理はどうしたらいいの?

329view

2018.01.23

子供のムダ毛処理はどうするべきか

子供が濃いムダ毛に悩んでしまい、楽しいはずの毎日を過ごせないことがあります。ムダ毛が気になるためスカートや半袖などを着ることが恥ずかしくなり、好きなファッションを楽しめなくなってしまうこともあります。

また、顔のうぶ毛が原因で人の顔を見て話すことができなくなってしてしまう子もいます。まわりのお友達に、悪気なく指摘されてしまうことも少なくありません。

ムダ毛の濃さは遺伝することが多いため、子供のころに同じ悩みを持っていたお母様も多いです。子供には同じ思いをさせたくないと感じて自己処理や脱毛を考える方もいます。しかし、子供のムダ毛処理には賛否両論があり、そこまでしなくてもよいという意見もあります。

あまりムダ毛に悩んだことのない方は、「子供は気にする必要がない」、「大人になったら気にならなくなるから我慢しなさい」などと子供を無理やり納得させて、本気でムダ毛に悩む子供に寄り添えないこともあります。子供は自分でどうすることもできないため、ムダ毛のせいでどんどん消極的になり、本当の自分を抑えて過ごさなければいけなくなることもあります。

学校生活がつらくなってしまうことはもちろん、バレエなどのダンス教室、スポーツ教室など、やりたいことを思いきり楽しめなくなり悩んでしまうこともあります。

お母様はまわりの意見に惑わされず、子供の悩みに寄り添ってあげることが大切です。ムダ毛が生えてくることは、特別なことではなく普通のことだと伝えてあげましょう。

自己処理をする場合は、そのデメリットを知っておくことが大切です。

毛が濃くなることもある、自己処理のダメージとは

手軽に始められますし、軽い気持ちで自己処理をしてしまいがちです。しかし、自己処理は肌ダメージがとても深刻になることがあります。自己処理のデメリットを確認しておきましょう。

毛抜き

毛抜きで無理に毛を抜いてしまうことは絶対にしてはいけません。毛穴が広がるため細菌が入りやすくなってしまいます。昔から毛が濃くなることはないといわれていますが、実際に毛が濃くなったと感じている方は多いです。

新しい毛は水分を含んでいてやわらかいです。広がって変形した毛穴の形に合わせてムダ毛が生えてくる可能性はゼロではありません。

毛穴が目立つようになったり、埋もれ毛になったりする可能性があります。

カミソリ

一番やってしまうことの多い自己処理です。痛みもなく手軽にできるため、気軽な気持ちでしてしまう方が多いです。

カミソリは肌の表面を傷つけています。角質に受けたダメージがわかりにくいため気にしない方も多いですが、くり返すことによってそのダメージは大きくなってしまいます。

黒ずみ、色素沈着、埋もれ毛などのリスクが多いですが、一番のリスクは毛が濃くなったように見えてしまうことです。毛の切断面によって、太くなったように見えてしまいます。処理をしてもすぐに生えてくるため、さらに毛の濃さを目立たせてしまうことにもなりかねません。

除毛クリーム

毛を溶かすものなので、肌にはとても刺激が強いです。きれいな肌を保てなくなってしまうこともあります。

ムダ毛が遺伝によって濃くなっている場合はあまり期待ができませんが、子供のうぶ毛はホルモンバランスが安定してくると薄くなることもあります。しかし、これは自己処理などのダメージを受けていないことが大切です。子供はムダ毛に悩んでいるため、そのままにしておくことは難しいでしょう。

どうしても自己処理をしたい場合は、顔のうぶ毛を処理するために販売されているシェーバーがおすすめです。ダメージは避けられませんが、自己処理方法のなかでは軽く済みます。肌に強く当てないようにしてやさしく処理しましょう。

自己処理はどの方法を選んでもダメージを伴います。大人になってから脱毛をするのであれば、ダメージや毛周期の乱れなどによってスムーズな処理ができずに脱毛料金がかさんでしまうこともあります。

現在は脱毛技術が進み、子供も安全に脱毛をすることができるようになりました。子供の脱毛はキッズ脱毛と呼ばれているくらい需要が高くなってきています。脱毛にはメリットだけでなくデメリットもあるため、しっかりと脱毛を知っておくことが必要です。

安全なキッズ脱毛とは

キッズ脱毛のメリットやデメリット

キッズ脱毛はメリットが多いです。子供の悩みがなくなり、伸び伸びと過ごすことができ、かわいい服でおしゃれをすることもできます。バレエのレオタードやスイミングの水着などで、ムダ毛を気にする必要がなくなり集中できるようになります。

ムダ毛を気にする必要がなくなることで、学校生活もこれまで以上に楽しくなります。

デメリットは、お金がかかることです。子供におすすめの脱毛方法は料金が安いですが、習い事や塾などに加え、脱毛にもお金がかかるようになってしまいます。また、定期的に通わなければいけません。

脱毛方法の種類

脱毛には、効果の高い順でニードル脱毛、医療脱毛、フラッシュ脱毛の3種類があります。効果が高い脱毛方法ほどリスクも高いです。

ニードル脱毛は永久脱毛です。毛穴の入り口に当てたニードルに電気を流して脱毛します。とても強い痛みがあり、やけどや赤みなどのリスクが高いです。時間もかかるため高額になります。

医療レーザー脱毛も、脱毛完了後はほとんど生えてきません。医療レーザーを黒い色素に反応させて脱毛します。回数は少なくて済みますが、リスクが高いため子供にはおすすめすることができません。

子供におすすめなのは、肌にやさしい脱毛ができるフラッシュ脱毛です。永久脱毛の効果はないですが、毛を減らして薄くしていくことができます。くり返すことで自己処理の必要はなくなります。回数は多く必要になりますが、痛みが少なく他の脱毛方法よりも料金が安いです。

子供はホルモンバランスが安定していません。そのため、永久脱毛をしてもムダ毛が再び生えてしまうことがあります。早くても高校生になるまでは、フラッシュ脱毛にしておきましょう。自己処理ではなくフラッシュ脱毛にしておくことで、肌ダメージを抑えることができます。

他の脱毛と比較すると料金が安いフラッシュ脱毛ですが、全身脱毛にすると料金は高くなってしまいます。ホルモンバランスによりムダ毛の状態が安定していないこともありますし、全身脱毛よりも気になる部位だけの脱毛がおすすめです。脱毛部位の選び方やサロンによっては、全身脱毛のコースがお得なこともあります。

水着などを着る機会がある場合、VIO脱毛が必要になることもあります。VIO脱毛は恥ずかしいと感じてしまうことが多いため、子供の気持ちを考えてくれるような信頼できるサロンを選ぶことが大切です。

キッズにおすすめのフラッシュ脱毛が受けられる脱毛サロン

ディオーネ

3歳から脱毛できる、やさしい脱毛機を導入しています。痛みやダメージがほとんどないハイパースキン脱毛で発毛を予防します。

エピレ

7歳から脱毛をすることができます。大人の脱毛に実績のあるTBCグループのサロンです。痛みがほとんどなくて肌にやさしいオリジナルの脱毛機を使用しています。

脱毛サロン選びは、公式ホームページを参考にしたり、カウンセリングで実際にお話を聞いてみることもおすすめです。口コミも参考になります。口コミには痛みや、予約の取りやすさなど、参考になる意見が多いです。特に、子供のためのサロン選びは慎重に行いましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る